【翻訳】カームテクノロジー序説

techtoday.lenovo.com

今日のテクノロジーとメディアは、気が散る原因となっています。私たちは、情報やアラートに圧倒されています。ビッグデータによって鈍重になり、情報過多と闘っています。テクノロジーの前で目を覚まし、テクノロジーの隣で眠りにつきます。2010年、スウェーデンの通信会社EricssonのCEOであるHans Vestbergは、2020年までに無線で接続されたデバイスが500億台になると予測しました。テクノロジーやビジネスの世界からすれば、このアイデアは純粋に人々を興奮させます。彼らは、「これらの機器の一部として、どれだけのチップを製造できるだろうか?私たちは何個のチップを所有できるだろうか?どれだけ多くのものをつなぐことができるだろうか?」と聞いて回るでしょう。1990年代半ば、Xerox PARCの研究者であるマーク・ワイザーは、「21世紀の最も希少な資源はテクノロジーではなく、私たちの注意力である」予言しました。私たちは今、その時代に生きています。

テクノロジーの当初の約束の1つは、私たちの生活を増強し、能力、時間、創造性を拡大することでした。テクノロジーは、私たちの利用可能な時間を増やし、近代における人間のありふれた仕事から私たちを救ってくれるはずだったのです。ワイザーは、「デバイスが賢くなる」のではなく、「人間が賢くなる」ことを求めました。デバイスが人間に逆らうのではなく、人間と一緒に働くような未来を築くにはどうすればいいのか。テクノロジーが人間の能力を最大限に引き出し、私たちにもっと自由な時間を与えてくれるように。多くの「スマート」な製品は失敗しています。多くの製品は本当に必要なサービスを提供しておらず、プライバシーやセキュリティ、接続性の問題が実際のメリットを上回っていることが多いのです。また、多くのスマート製品は、新しく複雑な言語で書かれているため、サポートや資金提供を受けられなくなり、わずかな期間で機能しなくなってしまいます。スマートテクノロジーの問題点の一つは、最適ではない条件でテストされていないことです。携帯電話のバッテリー残量が少ないときにアプリは動作するのか?無線LANがダウンしていても、家の電気をつけたり消したりできるのか?洗練されたコンピュータ技術が家庭に初めて入ってきたのは、デスクトップコンピュータでした。有線接続、壁から直接電気を供給する電源コード、比較的安定したソフトウェア、設定された画面解像度を持ち、カスタマイズの選択肢は比較的少ないものでした。デスクトップPCは、私たちの注意を安全に独占することができましたが、モバイル機器や製品は、場当たり的に私たちの注意を共有するものです。しかし、私たちはいまだに「デスクトップPCのような」デバイスを、ユーザーの注意を安全に引くことができるかのようにデザインしています。 スマホにしても時計にしても、スマートプロダクトは、最適な場面で、最適な生活のために使われていると宣伝されることが多くあります。舞台は、静かなサンフランシスコの高級マンション。ユーザーは20代の開発者で、完璧なアメリカ訛りがあります。彼が話すと、自宅の音声アシスタントは毎回完璧に彼を理解します。これを現実の世界と対比させると、英語を母国語としない人が、混雑した街の通りを歩いているときに、音声アシスタントにコマンドを認識させるのに苦労します。最適ではないシナリオのほとんどは、市場に提供される前に考え抜かれておらず、期待の不一致を生み出します。1995年、ワイザーと同僚のジョン・シーリー・ブラウンは、複雑化する情報技術への反発から、「calm computing(落ち着いたコンピューティング)」と「calm technology(落ち着いたテクノロジー)」という言葉を生み出しました。彼らは、コンピュータシステムの約束は、「新しい複雑さを導入するのではなく、複雑さを単純化する」ことだと考えました。もはや、デスクトップのようにアプリケーションを設計することはできません。私たちの注意を引く能力はもはやありません。どうすれば情報を背景に置くことができ、デバイスを賢くするのではなく、人間をより賢く、より存在感のあるものにすることができるでしょうか。

カームテクノロジーの原則

私たちの生活を豊かにする製品をデザインしたいのであれば、私たちに逆らうのではなく、私たちと一緒に働くようにデザインすべきです。テクノロジーは、期待される効果を生み出すために、使用者に対し可能な限り小さな注意力しか求めてはなりません。また、テクノロジーは落ち着きを生み出すものでなければなりません。スマートテレビで映画を見ようとして、何かを見始めるたびに「新しいソフトウェアのアップデートをダウンロードしてください」と表示されるとします。デスクトップの時代であれば、完全に注意を払ってアップデートを実行することができました。しかし、ユビキタスコンピューティングの時代では、これらの情報は、そのタスクに集中したいと思っていないときにやってくることが多いのです。これらの通知を適切な場所に配置することで、ユーザーエクスペリエンスが変わります。例えば、スマートテレビの電源を切る前に、「アップデートをインストールしてから電源を切りますか」と聞かれたらどうでしょう?通知のタイミングを変えるだけで、誰もが寝る前にアップデートのインストールを許可するようになります。アップデートのために、映画を見るのを遅らせる必要もありません。テクノロジーは私たちに力を与えてくれるはずです。LUMOBack Smart Posture Sensorは、腰に装着するデバイスで、あなたがうつむいていると、わずかな音で知らせてくれます。姿勢が悪くなるとブザーが鳴り、その時だけ注意を引きます。テキストメッセージやプッシュ通知は送られてきません。自分が猫背になっているかどうかを、時間の経過とともに体で直接確認することができ、自分だけにシンプルなメッセージが届きます。2011年、糖尿病の社員と出会いました。彼はインシュリンポンプを体に装着して興奮していました。そのポンプでは、警告音を「ビープ」という大きな音から変更することができませんでした。彼はコンサートではビープ音が聞こえませんでしたが、冠婚葬祭では他の人にビープ音が聞こえてしまいました。インスリンポンプの情報は彼のためだけに用意されたものなので、アラートのスタイルもそれに合わせて、触覚的なパーソナルアラートを選択するべきでした。テクノロジーは、私たちの注意の周辺から中心へ、そして再び中心へと簡単に移動し、ユーザーに負担をかけずに情報を提供するべきです。カームテクノロジーは私たちの周りにあります。それらは、ただ「動く」だけで成功します。その好例が電気です。電気はどこにでもあるものですが、背景にとどまり、私たちの注意を引くことはほとんどありません。私たちは、電気のスイッチ、冷蔵庫、コンセントなどを通して電気に関わることができます。電気の約束は、100%の確率で利用できるというものでした。私たちが電気に気づくのは、電気が故障したときだけで、先進国のほとんどの国ではめったに故障しません。これを、無線LANや携帯電話のネットワークが頻繁に故障することと比較してみましょう。モバイルアプリケーションはウェブアプリケーションよりも多くの帯域を必要としますが、ネットワーク容量の更新は遅れています。確かに、70年代後半(日本の1G)や90年代(無線インターネット)から開発されてきた携帯電話や無線のグリッドは、1880年代後半に開発が始まった電気グリッドに比べれば、比較的新しいものです。

ヤカンは、あなたの周辺の注意を使って、水ができたことを知らせる情報を提供します。その信号は曖昧ではなく、毎回同じ信号で、静かにしたい場合は通常、通知を変更することができます。私が持っているティーケトルは、笛を鳴らすと邪魔になる喫茶店用に設計されているので、あまり音がしません。環境が違えば、信号設計の優先順位も変わってきます。適切な技術とは、問題を解決するために必要な最小限のものです。スマートロックを使って消費者がお菓子を食べられないようにするスマート冷蔵庫が開発されました。お菓子は比較的「間抜け」な戸棚に保管されていることが多いのに、なぜ冷蔵庫から閉め出すのでしょうか?他にも、牛乳や卵を買いに行くときには、冷蔵庫の技術が私たちに思い出させてくれます。私たちは、それを指示するテクノロジーを必要としません。バナナが腐ったから新しいバナナを買ってきて」と冷蔵庫がメッセージを送ってくれる必要はありません。バナナの要点は、それを見て悪くなったことがわかることです。バナナの皮は、色に基づいた素晴らしい通知システムをすでに提供しています。曖昧さがなく、失敗もありません。この場合、問題を解決するためにテクノロジーは必要ありません。しかし、一定の距離を運転した後にオイル交換の時期が来たことや、食器棚の下にあるシンクが水漏れしそうなことを知らせるためには、テクノロジーが必要です。オイル交換ランプは冷静で、テキストメッセージを送ってくるわけではありません。ただ現れるだけなのです。車に乗っているときは、それを思い出します。それ以外の生活には干渉しません。スマートテクノロジーに満ちた家は、ユートピアというよりはディストピアです。スマートテクノロジーであふれた家を実際に相続することは、絶対に避けなければなりません。あるいは、パートナーがそれらを管理していたら、あなた方は離婚してしまうかもしれません。テクノロジーは、テクノロジーの良さと人間の良さを増幅させるものであるべきです。最高の自動化システムは、人間がテクノロジーと共生しているときに機能します。Googleが成功しているのは、ボットが私たちに代わって結果をフィルタリングし、私たちが最終的な判断を下すことができるからです。トッド・ハフマンの会社「3Scan」では、人間の仕事を人間の手の1500倍のスピードで行う組織スキャンロボットを採用しています。これにより、生物学者は重要ながん研究に時間を割くことができ、スキャンされた結果は投票システムに送られ、医師はより優れたがん予測のための機械学習技術を訓練することができます。新聞はアルゴリズムを使ってスポーツイベントの情報をまとめたり、技術的な補助が研究に役立つこともありますが、重要なニュース記事は常に人間が書くべきです。ドストエフスキーを自動化することはできません。人間としての生きた経験から生まれたコンテンツです。音声インターフェースがあまりにも人間に似ていると、それに対する期待が高まります。ロボット掃除機「ルンバ」には、音声インターフェースはありませんが、曖昧さのない音声言語があります。掃除が終わったときには「ピーッ」と興奮したような音を出します。掃除が終わったときには興奮した声で鳴き、掃除が行き詰まったときには悲しい声で鳴きます。

このコミュニケーション方法は世界共通で、異なる言語に翻訳する必要がなく、音声インターフェースよりも煩わしさがありません。音声インターフェースの課題は、少しでも訛りがあったり、まったく呟かなかったりすると、音声認識システムがあなたを理解できない可能性があることです。そのため、システムが理解しやすいように、短くて明確なコマンドフレーズを使わざるを得ません。しかし、テクノロジーに合わせて言葉を修正することで、人間は人間というよりロボットになってしまいます。人間は、テクノロジーとのコミュニケーションのために、コンピューターのように振る舞う必要はありません。そして、テクノロジーは失敗しても機能するべきです。テクノロジーは完全に壊れてしまうのではなく、使用可能な状態に初期化されるべきです。多くの衛星ラジオサービスは、車がトンネルを通過すると曲の途中で止まってしまいます。また、地下鉄に乗っているときにテキストメッセージが送れないこともあります。このように、最適な状態ではない状況を想定して設計する必要があります。そのためには、Webデザインで用いられる「Graceful Degradation(優雅な劣化)」という概念を利用することができます。適切に構築されたWebサイトは、高速なコンピュータでは美しく表示されますが、古いブラウザではユーザーエクスペリエンスのレベルが低くなるように優雅に劣化します。プロダクトに優雅な劣化を実装する方法はたくさんあります。携帯ラジオには、電池切れに備えてクランクが付いていたり、壁に接続するための電源コードが付いていたりします。エスカレーターは、故障すると階段へと優美に劣化します。ビデオストリーミングでは、映像は劣化しますが、音声は高解像度のままです。映像は低解像度でも問題ありませんが、音声は低解像度だとその場にいられなくなってしまいます。多くのテクノロジーは、古い製品、接続性の悪さ、バッテリーの持ちの悪さ、気が散ることなどではなく、最適な状況を想定して作られています。これらの重要なエッジケースは、製品のデザインやエンジニアリングの過程で細心の注意を払って検討しなければなりません。これらの重要なエッジケースは、製品のデザインやエンジニアリングの過程で細心の注意を払って検討しなければなりません。それが、長期的に機能し続けるためのデザインなのです。

注意力の未来

1999年に46歳で亡くなったマーク・ワイザーは、自分が予言した世界を見ることができなくなりました。彼は、自分が描いた世界を見ても驚かないでしょう。PARCの研究者たちは、80年代後半にはすでに、プライバシー、バーチャルリアリティ、チャットアシスタントについて議論していました。テクノロジーを正しく設計すれば、私たちは自分自身でいられる時間が増えます。人間でいられる時間が増えます。家族や友人、恋人と過ごす時間が増えます。夕焼けを見て、恋をすることもできます。どんなにAIを作っても、夕日を鑑賞するのに必要な体現性や文脈をコンピューターが持つことはありません。ギリシャ人は、時間を表す言葉を2つ持っていました。1つは「クロノス」、つまり数値化された工業的な時間。もうひとつは「カイロス」、つまり生きた質的な時間、つまり私たちを構成する瞬間や記憶です。テクノロジーは私たちの注意力をまるまる必要とするものではなく、必要なときにだけ、注意力の一部だけを必要とするものであるべきだと私は考えています。情報を周辺感覚に圧縮し、その過程で自分自身を解放することは可能なのです。詳しくは、拙著Calm Technology:Principles and Patterns for Non-Intrusive Design』(O'Reilly Books)』をお読みください。

(注意:太字は翻訳者による)